ヤクルトノアレというサプリメントって何?どんな効果があるの?

乳酸菌が生きたまま腸に届く!

 

健康雑誌や番組で乳酸菌について取り上げられていても、いまいちよくわからないことが多いですよね。乳酸菌は人間の腸内に住んでいる善玉菌です。人間の腸内にはさまざまな種類、たくさんの数の乳酸菌が住み着いています。乳酸菌ごとに住処が違い、それを腸内フローラといいます。

 

腸内フローラの環境が悪くなると、体調不良を引き起こしてしまいます。乳酸菌には弱点があって、熱や胃酸にとても弱いんです。そのせいで、せっかく口にしても乳酸菌が生きたまま腸に届くことはほとんどありません。しかし、ヤクルトノアレに入っているKW乳酸菌は熱に強いので、他の乳酸菌より多く生きて腸内に届くのです。

 

KW乳酸菌の働きってどんなもの?

 

KW乳酸菌が含まれているヤクルトノアレは、サプリメントです。カプセルタイプとタブレットタイプがあります。タブレットタイプはグレープフルーツの味がついているので、カプセルを飲むのが苦手な人にはピッタリ。そこで気になるのは、KW乳酸菌の働きです。KW乳酸菌は、花粉症やアトピーといったアレルギー症状の抑制に効果があると言われています。

 

アレルギー体質の人は、腸内の環境が悪く、それが原因で酷いアレルギー症状に悩まされているのではないかという説があります。KW乳酸菌は、腸内環境を改善する効果があるので、アレルギー症状の改善につながります。酷いアレルギー症状に悩んでいる方は、ぜひ飲んでみてください。